家を買い替えるべき時

家家を買い替えたいと思ったら、一番大切なのは家を買い替えるタイミングになります。
選ぶタイミングによっても、買い替えの手順が違ってきます。
タイミングを考える際には、自分の用意できるだけの資金はどれくらいあるのか、どれくらいの期間で新居を購入したいのかなど希望を明確にしておくことが重要になります。

買い替えのパターンは大きく分けて2つのパターンが挙げられます。
人によっては、自分の今住んでいる家を売らなくても、新居を購入する資金を用意できるという場合もあるかもしれませんが、一般的に考えるとそれは稀な場合が多いです。そうでない場合は、今住んでいる家を売りに出してから新しい家を買うパターンと、新居を買ってから今の家を売るというパターンの2つが挙げられるでしょう。

まず、住んでいる家を売ってから新居を買うというパターンを選んだ場合には、しっかり資金を考慮しながら新居を購入することができるというのが、最大のメリットと言えるのではないでしょうか。一方、先に売ってしまうということは、早急に次に住む家を見つけてしまわなければならなくなり、家をゆっくりと決めることは難しくなります。資金に余裕があるのであれば、別の家を借りて一時的に住むということも可能ですが、また新しく出費が増えることになります。

次に新居を購入してから、住んでいる家を売却するパターンを選んだ場合には、新居を焦らずにゆっくり探すことができるというのがメリットになります。資金と自分たちの希望に合った家を探すにあたって、探す期間は十分にあった方が良いと言えます。反対に、このパターンのデメリットとしてあげられるのは、いくらで売れるか分からないまま新居を購入する状態になってしまうことがデメリットになります。買い手がすぐにつけば問題はないのですが、場合によっては家が売れない状況に陥る可能性もあります。その場合、購入に充てる資金を用意するのが難しくなり、二重でローンを返済していかなければならないということも考えられます。


参考:

https://ieurulab.com/experiences
家の買い替えについて参考にさせていただきました(by 高く家を売る研究)

Relatedpost:

家選びで把握すべき点